オランダで木靴が愛用された理由とは?

木靴は、世界中のさまざまな国で作られてきた歴史を持つ、木でできた靴です。

日本にも木靴といえば下駄がありますね。オランダの木靴の起源は800年ほど前と言われますが、はっきりとは分かっていません。最も古い木靴は、オランダでは、1230年頃に作られたものが発見されています。

今では街なかで木靴を履いている人を見かけることはほとんどありませんが、今でも農業、漁業、ガーデニングの時など、木靴が愛用されています。実際に木靴はとても心地よいのだそうです。

オランダで木靴が用いられた理由

オランダは、低湿地帯のため、湿った土や砂を多く含む土地が多くあります。木靴はぬかるんだ地面を歩くのに最適で、木が水に濡れると膨張して足を冷えから守る働きもあります。材料はポプラの木が多く用いられました。

さまざまなデザインの木靴

木靴に塗装をして、カラフルな模様が描かれます。木靴はさまざまな用途のためにデザインされています。農作業用木靴、ガーデニング用、魚釣り用、スケート用、日曜だけに履く木靴など、木靴を見ればその人のライフスタイルが分かります。履いている人について多くを語るのが木靴なのです。

今日では、木靴はオランダを代表するお土産となっています。

木靴の作り方

関連記事

  1. アンケート調査「オランダの印象を教えてください」

  2. オランダの暮らしを支えた風車の役割と見どころ

  3. オランダの伝統的なクッキー、スペキュラース

  4. ストロープワッフル、キャラメルシロップが絶妙なオランダの伝統菓子

  5. 日本の伊万里焼も影響を与えた、オランダのデルフト焼きとは?

  6. オランダ人は花が大好き!オランダのシンボル、チューリップ

Popular post

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP