オランダの伝統的なクッキー、スペキュラース

スペキュラース(スペキュロース)は、ミラのニコラオスの日(オランダでは12月5日)によく食べられるスパイスクッキーです。 350年以上前、小さなパン屋が焼き始めたのが起源とされ、今では一年を通じて食べられます。 さまざまな絵柄が型押しでデザインされ、クリスマスをテーマにしたものから、歴史や宗教のモチーフなどがあります。

スペキュラースにはブラウンシュガーが使われるため、色はシンプルな茶色一色、まるで外国の壁画のように見えますね。 スパイスが効いた独特なテイストのファンが多いですが、この絵柄が気に入っている方も多いのです。

スパイスには、シナモン、生姜、クローブ、カルダモン、ナツメグなどが用いられます。 クッキーを一口食べると、ブラウンシュガーのソフトな甘さにスパイスの風味が口の中に広がり、日本人にとっては、他のクッキーでは味わえない大人の味です。

スペキュラースはクリスマスツリーに飾られたり、サンタクロースが子どもたちに配ったり、クリスマスにとっても欠かせないクッキーとなっています。低スパイスまたはスパイスを抜いた甘いバージョンは、スペキュロースとして売られます。

日本ではカラメルクッキーとして、スペキュラースに近いレシピのクッキーをKALDIで手に入れることができます。 コーヒーや紅茶にとてもよく合いますよ!

Reference:
http://www.stnicholascenter.org/pages/home/

関連記事

  1. オランダ人は花が大好き!オランダのシンボル、チューリップ

  2. オランダの暮らしを支えた風車の役割と見どころ

  3. 日本の伊万里焼も影響を与えた、オランダのデルフト焼きとは?

  4. オランダで木靴が愛用された理由とは?

  5. ストロープワッフル、キャラメルシロップが絶妙なオランダの伝統菓子

  6. アンケート調査「オランダの印象を教えてください」

Popular post

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP